不倫の慰謝料請求、慰謝料被請求(減額)のご相談はイージス法律事務所へ

イージス法律事務所

不倫・浮気の

慰謝料トラブル
すぐに弁護士へ

  • 相談無料
    相談無料
  • 着手金無料
    着手金
    無料
  • あなた専任の専門家チーム
    あなた専任の
    専門家チーム
  • 法テラス相談員として相談経験多数
    安心の
    完全成功報酬※慰謝料請求の場合

入籍前、婚約時、内縁関係などの場合に
慰謝料請求は可能か?

  • 入籍前、婚約を破棄された場合でも慰謝料請求できるの?
  • 同棲や内縁関係を破棄されたときにも慰謝料請求できる?

入籍前の婚約時や内縁関係時の不倫でも慰謝料請求できるケースがあります。以下でどういったケースで慰謝料が発生するのか、具体的にご説明します。

1.婚約破棄でも慰謝料を請求できる

1.婚約破棄でも慰謝料を請求できる婚約中に相手が不倫したら、婚約を続けられないので解消せざるをえないでしょう。
そのような場合には、相手に対して慰謝料請求できます。

婚約が成立している以上、相手はそれを誠実に守る必要があり、不倫によって破棄させてしまったことに責任が発生するからです。
婚約破棄の慰謝料の相場は、100~300万円で、通常の不倫の慰謝料相場と同程度です。

ただし婚約破棄で慰謝料請求するには、婚約が成立していたことの証拠が必要です。たとえば婚約指輪の交換をして結納金のやり取りをしたり結婚式場の予約をしていた場合、お互いの両親や友人に紹介をして結婚式の招待状を出していた場合などです。
そのような事情があれば、婚約成立が認められて慰謝料請求できる可能性が高いです。

2.内縁関係の破棄でも慰謝料を請求できる

2.内縁関係の破棄でも慰謝料を請求できる夫婦になっても入籍をせず、内縁関係のケースでも相手が不倫することがあります。その場合でも、不倫によって慰謝料請求できるのでしょうか?

法律上、内縁関係も法律婚と同じように取り扱われています。そこで内縁の夫や妻が不倫した場合でも、法律婚のケースと同様に慰謝料請求できます。慰謝料の金額の相場も法律婚の場合と同程度です。
ただし事実婚で慰謝料を請求するには、事実婚が成立していたことの証明が必要です。

たとえば住民票が同じになっていて、続柄が「未届の夫(妻)」などとなっていたら、内縁関係を証明できます。また長年同居していて周囲からも「夫婦」と認識されている現状があれば、内縁の夫婦と認められるでしょう。夫婦関係を示す写真やメール、メモ、家計を示す通帳や各種の明細書、周囲の人の証言などが証拠になります。

3.単なる同棲の場合には慰謝料請求は難しい

3.単なる同棲の場合には慰謝料請求は難しい以上に対し、「単なる同棲」の場合には、相手が浮気しても慰謝料請求は困難です。同棲していない恋人の場合であればなおさらです。「恋人関係」の場合、誰と交際しようとも本人の自由だからです。

実際には同棲と事実婚の区別は難しいことが多く、こちらが「事実婚(内縁)が成立している」と主張しても相手が「同棲だから慰謝料は発生しない」と反論して争ってくることが多々あります。きっちり証拠を揃えて適正に慰謝料を払ってもらいましょう。

代表弁護士:長 裕康(東京弁護士会所属)
電話番号:0120-366-772
住所:〒104-0061
東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa 銀座ビル3階

東京メトロ銀座駅(日比谷線、銀座線、丸ノ内線)徒歩3分
JR山手線新橋駅 徒歩10分、有楽町駅 徒歩6分

Copyright (C) 2018 イージス法律事務所. All rights reserved.