不倫の慰謝料請求、慰謝料被請求(減額)のご相談はイージス法律事務所へ

イージス法律事務所

不倫・浮気の

慰謝料トラブル
すぐに弁護士へ

  • 相談無料
    相談無料
  • 着手金無料
    着手金
    無料
  • あなた専任の専門家チーム
    あなた専任の
    専門家チーム
  • 法テラス相談員として相談経験多数
    安心の
    完全成功報酬※慰謝料請求の場合

不倫慰謝料の相場、
慰謝料の算定のポイント

  • 不倫された場合の慰謝料はどのくらいの金額になるのだろう?
  • 慰謝料が高額になる場合や低額になる場合を知りたい

夫や妻に不倫されたら慰謝料請求できますが、どのくらいの請求金額に設定すれば良いか迷ってしまう方が多いです。以下では一般的な相場や算定のポイントとなる要素について、解説していきます。

1.不倫慰謝料の相場の金額

不倫慰謝料の金額の相場は、100~300万円程度です。
相手と話し合いによって慰謝料を払ってもらうときには、100~300万円程度の範囲で決めることが多いです。ただしケースによってはそれより高額になる可能性があり、500万円やそれ以上の慰謝料が認められた裁判例などもあります。

2.不貞の慰謝料算定のポイント

慰謝料を算定するときにポイントとなるのは、以下のような要素です。

  • 夫婦関係が破綻したか

    不倫によって夫婦関係が破綻したか不倫によって夫婦関係が破綻し、離婚や別居になってしまった場合には、損害が大きかったと考えられるので慰謝料が高額になります。その場合200~300万円程度となる可能性が高いです。

  • 夫婦の婚姻年数

    夫婦の婚姻年数夫婦の婚姻年数が長いと慰謝料は上がります。1~3年の夫婦だと慰謝料は100~150万円程度ですが、10年を超えると慰謝料は300万円以上となります。

  • 未成年の子どもの有無、人数

    未成年の子どもの有無、人数未成年の子どもがいると、慰謝料は高額になります。子どもの人数が増えると、より高めになりやすいです。

  • 被害者が精神病になったか

    被害者が精神病になったか不貞された被害者がショックでうつ病などの精神病になった場合、精神的苦痛が大きかったと考えられるので、慰謝料が比較的高額になります。

  • 被害者が仕事を辞めたか

    被害者が仕事を辞めたか不貞された被害者が精神的な問題などで仕事を続けられなくなって辞めた場合、慰謝料が比較的高額になります。

  • 加害者の社会的地位や収入、資産状況

    加害者の社会的地位や収入、資産状況浮気して慰謝料請求された側の社会的地位が高い場合や収入資産が多い場合には、低額な慰謝料ではペナルティにならないので慰謝料が増額されます。

  • 不倫の期間

    不倫の期間不倫の期間が長いと被害者の受ける精神的苦痛が大きくなるので慰謝料が上がります。

  • 不倫の態様

    不倫の態様不倫の態様が悪質な場合には慰謝料が増額されます。たとえば頻繁に不倫相手と会っていた場合、家庭をないがしろにしていた場合、家出して不倫相手と住んでいた場合や生活費を入れなくなった場合などです。

  • 不倫相手の妊娠出産

    不倫相手の妊娠出産不倫相手が妊娠出産すると、妻は大きな精神的苦痛を受けるので慰謝料が増額されます。

以上が不倫慰謝料の相場と算定のポイントです。不倫慰謝料を請求する際の参考にしてみてください。

代表弁護士:長 裕康(東京弁護士会所属)
電話番号:0120-366-772
住所:〒104-0061
東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa 銀座ビル3階

東京メトロ銀座駅(日比谷線、銀座線、丸ノ内線)徒歩3分
JR山手線新橋駅 徒歩10分、有楽町駅 徒歩6分

Copyright (C) 2018 イージス法律事務所. All rights reserved.